『こぶたのラッパ』はサイトを移動しました!
今後はこちらをどうぞ
2007年 09月 29日
シャスタ山旅行:チャネリングセッションを受けて得たもの
シャスタ山の旅行中お世話になったのは、ストーニーブルックインというB&Bです。

かわいらしい外観、すぐ隣りを走るディナートレインの線路、ジャグジーやドライサウナ、多目的ホールなどの施設。そして朝食がすごくおいしい!!

c0007274_20423668.jpg
夜のストーニーブルックイン

c0007274_20441269.jpg
朝のストーニーブルックイン



»ストーニーブルックインのGoogle Map地図はこちら


»ブログにも詳しい行き方の説明があります。




オーナーの鈴木弘美さんは、ご自身がチャネリングのセッションをされているということで、私も二日目の夜にセッションをお願いしてみました。
ちなみにその日2007/9/19はマヤ暦でキン109。私の誕生キン(マヤ暦のバースデー)なので、何かのセッションを受けるにはもってこいの日でした。

チャネリングのセッションということで、「何をするんだろう・・・」と好奇心まるだしで受けたのですが、ものすごく自然体な会話のようなセッションでした。
いくつか聞きたいことを事前に用意するのですが、私のあいまいだった質問がお話をするうちにどんどん明確になっていき、1時間ちょっとのセッションの最後には、2つの結論をいただくことが出来ました。
それは・・・

  • 水泳をする
  • マッサージ機を買う

の2つです。
何を聞いたんだといわれそうですが・・・まあそれは内緒です。

鈴木さんのお話では、シャスタは訪れた人のバランスを取るのが上手な場所のようで、例えばものすごいスピリチュアルに傾倒している人には現実的で地に足の着いた感覚を、現世的なものにしか興味がない人には新しいものの見方を与えてくれるのだそうです。

私の場合、自分の肉体に対して意識を向けていなかったので、体に意識を向けるような回答をもらったんでしょうね。
[PR]
by smilkobuta | 2007-09-29 21:06 | シャスタ山旅行

<< BACKINGPHOTO リリース! シャスタ山旅行:シャスタに住む... >>