『こぶたのラッパ』はサイトを移動しました!
今後はこちらをどうぞ
カテゴリ:スピリチュアル( 2 )

2008年 01月 05日
妹のHDDの故障が直らないのは宇宙の意思
Astrodienst
Horoscopes and Astrology

Astrodienstはとにかくおすすめの占星術サイトです。
無料で登録もできて、出生時間と出生地が分かれば自分自身のホロスコープやトランジット、ソーラーリターンなども作れます(詳しいことは各自調べてください・・)。

で、このサイトにある「Free Daily Horoscope(今日のホロスコープ)」を毎日見ているのですが、今日のメッセージを読んでがっくしきてしまいました。

~前置き~
1~2ヶ月ほど前、妹から壊れたハードディスクのデータの読み出しを頼み込まれたのですが、ハード的にお亡くなりになっていたようでうまく読み込むことができずにいました。
業者にお願いするとン十万かかるそうなので、何とかいい方法がないか調べていたところ、「基盤交換」という方法があることを知りました(「基盤交換」を行うときはもちろん自己責任で)。

要は壊れたハードディスクとまったく同じ型番のハードディスクを見つけ出して、外側にネジ止めされている基盤の部分だけを交換すれば、基盤が壊れているケースの場合に直ることがあるんだそうです。

それで全く同じ型番のハードディスクをヤフオクで探すこと一ヶ月強。
ついにGETして今日届きました!

どきどきしながらも基盤交換を行い(ネジ止めされているだけなので簡単)、いざPCにつけて確認したところ、カクーン・・・・カクーン・・・・カクーン・・・・プヒューー・・・(本当にこういう音がする)。


    だめでした。



~今日の占いを読む~
がっくり来ながらも、まだ読んでいなかった今日の占いを読んだところ・・・

----
Letting go
・・・一部略・・・
Also you may have to contend with the breakdown of machines or situations. Anything that tends not to function very smoothly will work very poorly today. It is time to straighten out the situation or fix up the mechanical problem.

手放しなさい
・・・一部略・・・
また、あなたは機械もしくは何らかのシチュエーションの故障に立ち向かわなければならないかもしれません。あまりスムーズに機能していなかったものは全て、まるで動かなくなってしまうでしょう。
今こそ状況をまっすぐに解決するか、問題の機械を直すべき時です。(smilkobuta訳)
----


言われなくても手放すつもりでいましたが、宇宙に流れに沿うべくして故障が直らなかったというのは、なんだか空しいものです。
[PR]
by smilkobuta | 2008-01-05 16:35 | スピリチュアル

2006年 11月 16日
『水からの伝言』をありうると感じている人を応援します
とタイトルを書いたところで、「自らの伝言」と漢字変換されることをはじめて知りました。
この本について何か文章を書いた人は、みんなあれっ?と思ったに違いないです。
「自らの伝言」でGoogle検索すると、35,000件もヒットしたので、気がつかずにどんどん突き進んでいる人も多数いる模様。
何でこんなタイトルを選んだんだろう・・・と考えているのは私だけですが、何でこんな本が売れているのだろう・・・と半分憤りを感じながら考えている人が多数いるようで、最近『水からの伝言』批判がはやっているようです。

ご存知の方も多いかと思いますが、『水からの伝言』は、いろいろな言葉や祈り、または「場」のエネルギーによって、水を特別な方法で結晶化したときの形が異なってくるということを、水の結晶の写真集+説明の文章という形でごくごく簡単に表現した本です。

あちこちで叩かれている通り、その実験内容には客観性とか再現性が感じられないということもあるのですが、中心のメッセージである『いろいろな言葉や祈り、または「場」のエネルギーによって、水はその姿を変える』ということ自体はまったくありうる話であって、それを擁護している人も少なそうなので、「ありうる派」の私は一応宣言だけはしておこうと思いました。

「これはないでしょ派」と「ありうる派」の間にある大きく深く暗ーい溝は到底埋められそうもないのですが、「ありうる派」の言葉として、
  • 自分の周りにあるエネルギーは、思考や意思によって変化させられる
  • 土・水・風・火は、私たち全てを作り出す特別な基本要素である
の二点だけはみなさんにお伝えしたいところです。

これをどうやって証明するのかというのは、私には無理ですので他の方たちにお任せしますが、どうかこのブログを見てくれた「ありうる派」の人は、自分の直感のみを信じてください。
それと、人はそれぞれの現実の中で生きていますので、くれぐれも「ないでしょ派」の考えを変えようなどとは思わないことです。
[PR]
by smilkobuta | 2006-11-16 22:59 | スピリチュアル