『こぶたのラッパ』はサイトを移動しました!
今後はこちらをどうぞ
カテゴリ:スマイルこぶたモノローグ( 1 )

2007年 08月 25日
仮想世界と平行世界 ~並行世界版Second Lifeは現れるのか~

Second Lifeの目的

 
さっきSecond Lifeをやってみたんだけどさ、途中で何やってるのか分かんなくなっちゃって。

image
こぶた
image
スマイル
使い方が分からないの?

 
 
ううん。何のためにこれをやらなくちゃいけないんだろうって。

image
こぶた
image
スマイル
・・・やらなければいいじゃない。

 
 
・・・
まあ、そうなんだけど。
ファンタジーでもないし、特に目的もないのに、どうしてみんな遊べるんだろうなあ。

image
こぶた
image
スマイル
コミュニケーションの道具としても使っているみたいよ。
mixiがおっきくなったような感じなんじゃない?

 
 
そうそう。「コミュニケーションツール」みたいに、意味のある行為としては分かるんだけど。
でも、コミュニケーションツールとしては使いにくいし。


それで、目的もないのにぶらぶら歩いているのってつまんないなあと。

image
こぶた
image
スマイル
こぶただって、MYSTみたいなゲームが好きじゃない?

 
 
あれはパズルを解くという目的があるからね。
達成感もあるし。

image
こぶた


仮想世界

image
スマイル
Second Lifeにも、何かストーリーとかレベルアップとかラスボスとか、そういうのを作って欲しいということ?

 
 
うーーん・・
仮想世界ではなくて、平行世界を作って欲しいなあ。

image
こぶた
image
スマイル
似たようなものじゃない。

 
 
仮想世界はあくまで仮想だから、その世界を作った人の考えとか思惑がそのまんま反映されるんだよ。
「こういう世界だったらいいなあ」と考えたことが投影されて、それが現実化される。
Second Lifeの場合には、それをディスプレイを通して見ることができるだけなんだよね。

image
こぶた
image
スマイル
あー。うんうん。

 
 
仮想世界はそれを作る人がいなくなるか、それを見る人がいなくなったら、無いも同じの世界っていうか。
聞く人がいなかったら、音は存在しないっていうのとちょっと近くない?

image
こぶた
image
スマイル
そうかしら。

 


平行世界

 
平行世界っていうのは、「この」現実世界とは別に存在する、「もう一つの」現実世界のことを言いたいんだけど、こっちの現実世界とはまったく関係なく独自に時間が過ぎていって、独自の生活を営んでいる人たちがいるイメージ。

image
こぶた
image
スマイル
よく分からないけど。
でも、そんなの作れるわけないじゃない。

 
 
出来る出来ないは置いといて、平行世界なら仮想世界とは違って、いろいろ面白いこともあるよ。


一番分かりやすい違いは、Second Lifeなんかの仮想世界は、アクセスしていないときにはアバターは何もしていないよね。
平行世界は、それをのぞいている人がいまいが関係なく時間は過ぎていって、いろんな人がいろんな交流をして、組織が生まれ、文化が生まれて・・・

image
こぶた
image
スマイル
んー。もしそれが出来たとしても、何が面白いの?

 
 
だから、たまに平行世界をのぞいては、特定の誰かに憑依したりしてその生活の一部を味わってみるわけ。
もしかしたら次にのぞいたときには恋人が出来ていて、次の時には子供を産んでたりとか。

image
こぶた
image
スマイル
わたしはどうでもいいよ。そういうの。

 
 
つれないのー・・・

image
こぶた


平行世界の目的

image
スマイル
仮想世界には目的がないって言ったじゃない?
平行世界も同じなんじゃないの?

 
 
平行世界は現実世界と同じだけの目的があるんだよ。
スマイルは、自分の人生に何か目的がある?

image
こぶた
image
スマイル
???
まあ、色んなことを学んだり、楽しんだりすることかな。

 
 
そしていつかは死んじゃうよね。

image
こぶた
image
スマイル
なーに!?
何言ってるの?

 
 
人は、人生に始まりと終わりがあるから目的を見出すことが出来るんだよ。
始まりも終わりのないものに、何か目的をくっつけようとしても出来ないよ、きっと。


ある意味、仮想世界は完全な世界だよね。
どこにもたどり着かないし、何をしなくてもいい。
目指すべき目標がないんだから。


色んな会社がSecond Lifeに出店しているけど、何か目的を持ってやっているんだったら無駄な努力になる気がしない?

image
こぶた
image
スマイル
宣伝にはなるんじゃないの。

 
 
現実世界から仮想世界に入ったときには、仮想世界を操作している現実世界はすでに存在しない世界なんだよ。
仮想世界からこの現実世界を意識するときには、もはやそれは仮想世界の中の仮想世界でしかなくって。


それに、仮想世界っていうのはいろんな人の考え方が個別に反映された世界で、しかもそれが現実世界よりもダイレクトなものだから、みんなが同じ方向を向いている状態というのは作りにくいよ。
流行とか流行りものが出来上がるような世界じゃないと思う。


Second Lifeでは現実世界と同じく、全部一続きの世界として定義されているから、それがちょっと見えにくいんだけなんだよ。

image
こぶた
image
スマイル
平行世界だったら、流行り物が生まれるの?

 
 
うーーん。流行は知らないけど。

image
こぶた
image
スマイル
でも、話を聞いていると平行世界はただ見ているだけで、仮想世界は自分の好きなように出来るのなら、仮想世界の方が楽しそうじゃない。

 
 
うん。
これは好みの問題だと思うけど、仮想世界の方が楽しいという人もいっぱいいるだろうね。
僕は、平行世界の方に興味があるけど。


現実世界そのものが仮想世界みたいに感じることがあるから、今さらちゃっちい仮想世界に時間を費やしたくないんだろうなあ。
しかも、仮想世界内仮想世界?
例の出店屋さんたちのところを行ってみるとか、全然興味が無いよ。
メタ世界の3乗だよ。

image
こぶた
image
スマイル
なんでSecond Lifeをやろうと思ったの(笑)

 


平行世界の目的2

 
平行世界だったら、どんなにちゃっちいインターフェースでも楽しめるだろうなあ。
だって、それだけで別個に機能している世界が存在していて、それを横から見ることが出来るとしたら、すごくわくわくしない?

image
こぶた
image
スマイル
それってもしかしたら、小説のことなんじゃない?

 
 
あっ・・・
そうですね。
スマイルさん、素敵。

image
こぶた
image
スマイル
へへーん。

 

[PR]
by smilkobuta | 2007-08-25 21:01 | スマイルこぶたモノローグ