『こぶたのラッパ』はサイトを移動しました!
今後はこちらをどうぞ
<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2007年 09月 30日
BACKINGPHOTO リリース!
BACKINGPHOTO

c0007274_23421921.jpg
画像の下にコメントを表示するようにしたのと、



c0007274_23425838.jpg
RSSに対応したのが見た目の変更点。
RSSのアイコンは、これを利用させてもらいました。かわいい。



その他、内部的な最適化をちょこっと。
とりあえず予定通りにリリースすることにします。
[PR]
by smilkobuta | 2007-09-30 23:46 | BACKINGPHOTO

2007年 09月 29日
シャスタ山旅行:チャネリングセッションを受けて得たもの
シャスタ山の旅行中お世話になったのは、ストーニーブルックインというB&Bです。

かわいらしい外観、すぐ隣りを走るディナートレインの線路、ジャグジーやドライサウナ、多目的ホールなどの施設。そして朝食がすごくおいしい!!

c0007274_20423668.jpg
夜のストーニーブルックイン

c0007274_20441269.jpg
朝のストーニーブルックイン



»ストーニーブルックインのGoogle Map地図はこちら


»ブログにも詳しい行き方の説明があります。




オーナーの鈴木弘美さんは、ご自身がチャネリングのセッションをされているということで、私も二日目の夜にセッションをお願いしてみました。
ちなみにその日2007/9/19はマヤ暦でキン109。私の誕生キン(マヤ暦のバースデー)なので、何かのセッションを受けるにはもってこいの日でした。

チャネリングのセッションということで、「何をするんだろう・・・」と好奇心まるだしで受けたのですが、ものすごく自然体な会話のようなセッションでした。
いくつか聞きたいことを事前に用意するのですが、私のあいまいだった質問がお話をするうちにどんどん明確になっていき、1時間ちょっとのセッションの最後には、2つの結論をいただくことが出来ました。
それは・・・

  • 水泳をする
  • マッサージ機を買う

の2つです。
何を聞いたんだといわれそうですが・・・まあそれは内緒です。

鈴木さんのお話では、シャスタは訪れた人のバランスを取るのが上手な場所のようで、例えばものすごいスピリチュアルに傾倒している人には現実的で地に足の着いた感覚を、現世的なものにしか興味がない人には新しいものの見方を与えてくれるのだそうです。

私の場合、自分の肉体に対して意識を向けていなかったので、体に意識を向けるような回答をもらったんでしょうね。
[PR]
by smilkobuta | 2007-09-29 21:06 | シャスタ山旅行

2007年 09月 27日
シャスタ山旅行:シャスタに住むリスたち
シャスタの森や林の中を歩いていると、しょっちゅうリスを見かけます。
1週間の旅行中に、50~60匹は見かけたんじゃないでしょうか。

車を走っていても、左右の木々の間からリスが飛び出てくることがありますので、本当に注意が必要です。
一回ひきかけた事がありましたが、リスなんか轢いた日には当分忘れることが出来なさそうです(その時は急ブレーキをかけたら、向こうも気がついて逃げてくれました)。

まずはバーニーフォールズのリス
c0007274_19525566.jpg

他の場所のリスと比べて、明らかに体格が大きいです。
木によじ登るところとか見ても、「かわいい~」というよりは、「でかーっ」と言ってしまいます。
近寄られたらちょっとこわいかも・・・

c0007274_19533577.jpg

小さいリスもいるにはいますが、これは単に子供だからだと思います。

c0007274_1955656.jpg

これがバーニーフォールズ。トレイル(散策用の小道)も歩きやすくて、気持ちのいいところでした。

c0007274_1951445.jpg

樫の木の葉っぱが紅葉していて、すごくきれいでしたよ。




パンサーメドウズ近くのキャンプにいたリス
c0007274_19592283.jpg
c0007274_2004176.jpg

一番近くに寄ってきてくれたリスです。
しぐさも姿かたちもかわいらしいっ!

離れたり近づいたりしながら、えさをねだっています。
キャンプに来た人たちがえさをあげているのかもしれません。
チップスを食べているところだったので、おなかをこわすと悪いので何もあげませんでした。

c0007274_2014872.jpg

パンサーメドウズ上流へと向かう道。巨大な松の木がたくさん生えています。
c0007274_203030.jpg

リスの巣なのかどうか分かりませんが、道に巣穴が開いているのもよく見かけました。




もう一箇所写真が取れたのは、マクラウド滝にいたリス
ここもリスだらけです。
c0007274_2041620.jpg

背中にしましまがついていて小さくて、パンサーメドウズで見たリスと同じ種類のようです。
すんごい素早いので、写真もなかなか撮れません。

c0007274_2053215.jpg

これがマクラウド滝。アッパー、ミドル、ローワーの3つがあり、これは一番大きなミドルの滝です。


その他にも、本当にあちこちでリスを見ることが出来ました。
こんなにたくさんのリスを見たのは生まれて初めてかも。
アメリカには多いのかな。逆に犬とか猫とかはほとんど見ませんでした。
[PR]
by smilkobuta | 2007-09-27 22:27 | シャスタ山旅行

2007年 09月 26日
シャスタ山旅行のキーワード
昨日、6泊8日のシャスタ山旅行から帰ってきました。
たった一週間とはいえ、気温はぐっと下がって過ごしやすくなっているし、近所にとらふぐ屋さんのいけすが出来ているしで、何かと変化があるものです。

c0007274_17201446.jpg
あまり元気そうに見えないふぐ達。


少しずつ写真つきでシャスタ山をご紹介してゆこうと思っていますが、こんな感じのキーワードで行こうと思います。

  • りす
  • チャネリング
  • モーモー
  • ネイティブ・アメリカン
  • 山と雲と太陽
  • アメリカで初ドライブ
  • 洞窟



c0007274_17294683.jpg
パンサー・メドゥズのキャンプで食べ物をねだるりす

[PR]
by smilkobuta | 2007-09-26 17:33 | シャスタ山旅行

2007年 09月 18日
旅行前の食べつくし
c0007274_8274315.jpg

半端な野菜がわらわらと残っていましたが、今日から1週間以上旅行するので昨晩食べつくしました。

c0007274_8282955.jpg

出来上がり。

ていうか、写真で見ると良くわかんないね。
にんじんとかすごい大きいし、結構なボリュームだったんです。

ふと気がついたけれど、写真を保存しているフォルダが一行日記みたいになっている。
c0007274_8321427.gif


空の写真がおおいな。

・・・旅行の準備から逃避中。
[PR]
by smilkobuta | 2007-09-18 08:33 | その他

2007年 09月 13日
雲と夕焼け
最近雲の様子が妙にダイナミックなので、つい雲の写真ばかりパシパシ撮ってしまいます。

c0007274_1213464.jpg


c0007274_1214738.jpg


c0007274_122930.jpg


c0007274_1222278.jpg


今まで気がつかなかっただけなのかな。
[PR]
by smilkobuta | 2007-09-13 01:23 | 写真

2007年 09月 13日
βloglines BETAが使いやすくなっていました
「Bloglines→βloglines BETAに」の時に試したときにはちょっと使えない感じだったのが、今日試してみたらすごく使いやすくなっていました。

βloglines BETA

3ペインやタイトルの未表示の切り替えもスムーズだし(最初からあったのかも)、フォントも見直されていて未読と既読が普通に分かるようになりました。

c0007274_113832.jpg


スクロールするか、タイトルをクリックするか、「Mark All Read」をクリックするかしないと既読フラグがたたないのでちょっと戸惑いましたが、理解できればこっちのほうが自然な気がしてきました。

明日からはこっちに切り替えよー。
[PR]
by smilkobuta | 2007-09-13 01:13 | コンピュータ

2007年 09月 11日
BACKINGPHOTO プレリリース
BACKINGPHOTOサイトをプレリリースしました!

c0007274_23473121.jpg


インターネット上の写真の情報を見たり(撮影場所/撮影日/カメラの情報など)、写真や画像にコメントをつけて共有するサイトです。
一週間前に作ったexifphotoをベースに勢いだけで作ったばっかりですので、もう少し便利機能を追加してから本リリースしようと思っています。

プレリリースとはいえ基本機能は出来上がっていますので、おひまな人は試してみてください。
MacのSafari以外は一通り動作確認済みです(セキュリティアップデートめ・・・)。
MacのSafariもBookmarklet以外は動きます。
[PR]
by smilkobuta | 2007-09-11 23:54 | BACKINGPHOTO

2007年 09月 09日
murakami.nyc.corp.google.comが見つからない
Google Maps APIを使うときに、Webサイトごとの「キー」を取得する必要がありますが、今日それを使おうとしたらmurakami.nyc.corp.google.comというサーバーが見つからないというエラーになってしまいました。

おろおろしていたら、Googleグループで対応策が挙げられていました
単に、http://www.google.com/maps/api_signup?url=http://smil.exblog.jp/ のようなURLを自分で作ってリクエストすればよいそうです。

今もまだ復旧していないけど、結構あるのかな。
murakamiさんがんばって-。
[PR]
by smilkobuta | 2007-09-09 22:50 | コンピュータ

2007年 09月 08日
『ぼくには数字が風景に見える』ダニエル・タメット
ぼくには数字が風景に見える
D. タメット 古屋 美登里
4062139545


100%orangeさんの表紙に惹かれてつい買ってしまいました。

サヴァン症候群でアスペルガー症候群という現在28才のイギリス人、ダニエル・タメットさんの自著です。
ドキュメンタリーではなく自分自身で書いた本と言うことで、本人のやさしい雰囲気がじーんと伝わってきます。

円周率を22,500桁まで暗唱でき、アイスランド語(世界中でもっとも難しく複雑で習得しにくい言語だそうです)を1週間で話せるようになる「天才」の彼から見える世界を、ちょこっと垣間見ることが出来る面白い本です。

c0007274_1215893.gif


上の図は、彼が53x131を計算するときのイメージ(本書のイラストを模写)。
独自の形をした2つの形が向き合い、その二つの形の間に出来た空間が答え(6943)。

また、深い共感覚の持ち主で数字や文字に色や質感を感じることができ、例えば「1という数字は明るく輝く白で、懐中電灯で目を照らされたような感じ(本書より)」。

アスペルガー症候群という自閉症でもあり、「1. 人の心の動きが良く分からないため、対人関係が上手に取れない。2.ひとつのことに強くこだわり、新しいことがらや環境をなかなか受け入れられない。(本書解説より)」という性質があるため、何かと日常生活においては大変なことばかりでしょうが、恋人(彼はゲイであることも告白しています)と愛情あふれる生活を共にすることで、自立した一人の人間としての自分を見出すところはじーんときました。

自閉症と多重人格、この二つはなんだか他人事に思えないんですよねえ・・
[PR]
by smilkobuta | 2007-09-08 12:32