『こぶたのラッパ』はサイトを移動しました!
今後はこちらをどうぞ
2007年 08月 15日
アイデンティファイしたい欲求
自分という精神ある存在を理解するためなら、人は何でもやってみる。
自分探しにリュックをしょって、異なる世界と文化の中に飛び込もう。
自分を理解したり理解してもらうために、言葉や絵、歌で表現しよう。
外とのつながりを絶ち切って、我が内なる精神へいざ足を踏み出さん。

誰よりも多くのものを所有する。
誰よりも持たないと心に決める。
自分のアイデンティティだから。

みんなお互いの名前を尊重する。
所属している場所を守り愛する。
アイデンティファイするために。

自分はとにかく他人と違うんだよ。
だってロボットじゃないんだから。

同時に二つ以上のアイデンティティを持つ。
ネットを通じて自らの分身を増やしていく。
ヴァーチャルな世界に作ったn番目の名前。
アバター。オンラインゲームのプレーヤー。
アイデンティティの創造?それともコピー?

それともアイデンティティの盗用。
昔も今も全員が繰り返してきた事。

これっていう言葉を見つけては、うまく他の言葉とくっつける。
親や教師や新聞紙、映画のセリフを自分らしい表現に変換する。

思想の再発明と、アイデンティティの再創造。
複製と改変を繰り返し、言葉は複雑系の様相。

差異を作りたい。
コピーではない。

劣化コピーに気づかずに、人は進化を求め続ける。

そして本音。

本当に他人と違っていることは隠さなきゃ。
こんなおかしな指をしているのは自分だけ。
こんなに背が低いのは自分だけ。
自分のあらゆる性癖は全て秘密。
心の中の思想は自分だけのもの。
それを全部表に出せた時には、アイデンティファイする必要もなくなるだろうね。
[PR]
by smilkobuta | 2007-08-15 23:20 | ひらめきポエム

<< Webサイト作成のお仕事:サン... 夏の雲、ペルセウス座流星群の星... >>